「漢委奴国王印」は、東ユーラシア大陸出身の倭族が渡って打ち立てた国、鵜戸の国、その国の王の印

「漢委奴国王印」 の「漢の委の奴の国王の印」という表現は、 『漢(から)の菟(倭)が度りし鵜戸の国、その国の王のしるし』 という意味で捉えるしかない。 東ユーラシア大陸出身の倭族が渡って打ち立てた国、鵜戸の国、その国の王の印 という意味である。 海を渡る「海渡」と書いて、「うと」と読ませる地名と人名が存…