Lee Konitz: Subconscious-Lee (1949-50) 高柳昌行の「セカンド・コンセプト」で面白さを啓蒙された感

これは亡父のレコードで日本盤。疑似ステレオの処理はされていなくて、モノラル。ジャケットが異なるOJC盤は持っていたが、同じ録音とは思っていなかった。 リー・コニッツは驚異的な奏者。1949年のこの録音から60年以上経た数年前、ブルーノートで聴いたが、音色の印象は変わらない。ビル・フリーゼルに振られて、浮遊系…