死者との会話を実現するため。スウェーデンの葬儀屋が人工知能を搭載したボットプログラムを開発中 : カラパイア

 スウェーデンの葬儀屋が、亡くなった家族との会話を実現し、悲しみを癒すというプロジェクトのためにボランティアを募集している。 彼らが作ろうとしているのは、亡くなった人間の意識を完全にコピーしたロボットの類ではない。「フェニックス(Fenix)」社が開発しよ