『荒ぶる季節の乙女どもよ。(3)』(絵本 奈央,岡田 麿里) 製品詳細 講談社コミックプラス

和紗との行為は「これっぽっちも考えたことない」と泉に告げられた和紗。彼女は衝撃から“性”と“愛”の繋がりをぐるぐると考える……。悩み続ける和紗の前に現れたのは、「セックス」発言の張本人・新菜と泉が並ぶ姿──。