相手を理解する・・・

"「おや。」と、兵十はびっくりしてごんに目を落としました。「ごん、お前だったのか。いつもくりをくれたのは。」 ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなづきました。 兵十は、火なわじゅうをばたりと取り落としました。青いけむりが、まだつつ口から細く出ていました。" ごんぎつね 新見南吉 このお話をご存知でない…