KENGが考える「おいしい」珈琲

「おいしい」珈琲の定義。その答えは、家族と一緒に飲んだ時に見つかりました。 嗜好品であるがゆえに、人の数だけ「おいしい」珈琲は存在することに気が付きました。 今回のKENGブログは【KENGが考える「おいしい」珈琲】についてです。