生理痛の治療薬で3人死亡か、厚労省が注意喚起|あなたの健康百科

 厚生労働省は1月17日、生理痛(月経困難症)の治療薬である低用量ピル「ヤーズ配合錠」(一般名ドロスピレノン・エチニルエストラジオール錠)の副作用と見られる血栓症で3人の死亡が発生したことから、注意喚起するとともに、製造販売元のバイエル薬品...