お嬢さん、なぜ私を、そんな目で

黒く短く しっとりした 美しい髪の 華奢な、白い素肌の お嬢さん はっきり、くっきりした眉 長い睫毛の 一重だけど、大きな瞳の お嬢さん 君の柔らかい耳たぶを 私の唇で引っ張ったら 空から、くす玉が降りて来て パカッと割れて 二人を祝福してくれる そんな想像を今、私はしていますが 決して、あやしい者では、ございま…