坂元裕二「anone(あのね)」は、哲学?文学?それとも、ただの失敗作?

日本テレビ「anone」の、第1話を観た感想です。 周囲から、ハズレと呼ばれる、家族のいない主人公・ハリカを始め、余命のない人、死にたい人など、不幸な人たちばかり、次々と出てきて、現実的には、あり得ない展開の中、各登場人物たちが接点を持ち、連鎖反応を起こしながら、日常(小さな出来事)と、非日常(大き…