ディキンスン家のネズミ-寄り添う言葉

詩人エミリ・ディキンスン家に 住みついた白ねずみのエマライン。 エミリの詩に触発されて、 詩を書き出し、 ひそやかにエミリとの交流(文通)が始まる。 ディキンスンの詩12篇と、エマラインの詩7篇も ちりばめられた可愛らしくて素適な物語(絵本) エリザベス・スパイアーズ作、 そして、クレア・A・ニヴァラの ペン…