《発痛物質》が痛みの犯人 | 小林ペインクリニック東京

発痛物質は、いつも体内に少量ずつ存在し、*神経伝達物質として、神経から神経への情報を伝える重要な役割を担っています。ところが炎症が起きたり、体の組織が破壊されたりすると、発痛物質が細胞から大量に産出されて、痛みの”犯人”となるわけです。