【考察・検証】『時計じかけのオレンジ』でカットされたシーンから、原作小説の暴力性とバージェスのキューブリック批判を考える : KUBRICK.blog.jp|スタンリー・キューブリック

 原作での最初の被害者、結晶学の本をビリビリに破かれる学者風の紳士のシーン。このあとこの紳士は入れ歯を奪われ、その口を殴られて血まみれに。挙げ句に着ている服も全て破られ棄てられるという残虐極まりない仕打ちを受けます。 パブで気前よくおばさんたちにお酒