【Ruby on Rails】deleted_at を使って論理削除をしよう

概要 Rails には DB のカラム名に『created_at』『updated_at』と言う、設定しておくだけで、作成日時と更新日時を自動記録してくれる、お決まりの便利な機能が用意されています。 このカラムのデータはアプリケーション内で利用するデータと言うよりも、DB の運用管理上あると便利なデータだと思っています。 例えば、ユ…