あるいはbotでいっぱいの海

諸々の進捗からの現実逃避のために、今日は新京極にオタクグッズを買いに行きました。すっかり日も落ちた午後七時、修学旅行客の多い京都の商店街ですから、すっかり人の数も減っているものだと思いましたが、不思議なことに今日はたくさんの人が行き交っています。違和感に目を凝らしながら人々を眺めていると、私はその…