人生に疲れた1000万円プレイヤーがたどりついた「ミニマリズム」(最小限主義)という価値

20代で年収1,000万円を越え、高級車を乗り回し、ブランド品を収集し続けたライアン・ニコデマス氏。幸せになれると信じての消費行動でしたが、次第にそれは間違いだったと悟り始めます。そんななか親友のジョシュア・フィールズ・ミルブラム氏から教わったのが「ミニマリズム(最小限主義)」という考え方。彼らが見つけた…