中元さん

中元すず香には、執拗に "あとを引く" 何かがある。存在を知った悦びと同等の "後悔" があるという言い方もできるだろう。