スパイシー・ガール

少女の一本気な夢想から皮膚の滑らかさまでをフニャフニャと余すところなく表現できるのが菊地最愛の声であり、その皮膚にTATOOを彫り込むようなしょっぱい残酷さを持っているのが水野由結の声ということになる。