中津の高架下をめぐる冒険

明治大正の時代、日本人にとって鉄道はどのような存在だったのかを、柳田国男は次のように残している。 所謂、鉄の文化の宏大なる業績を、たゞ無差別に殺風景と評し去ることは、多数民衆の感覚を無視した話である。 例へば鉄道の如き平板でまた低調な、あらゆる地物を突き退けて進まうとして居るものでも。遠く之を望んで…