ふたりみち

【読書日記】 4/11読了 『ふたりみち』山本幸久(角川書店) 極めて私事で恐縮ですが、映画や本で感動すると 腕がシビレる現象があります。年に数回程度。 本だと、浅田次郎作品、重松清作品で起こります。 で、この山本幸久さんの最新作で同じ現象が。 ま、つまり、そういう作品です。 若い頃に歌手をしていたスナックの…