シレーヌの日記7

私はシレーヌ。今日は人生最良の日。 そして、最も悲しい日。30年前の事故の真実を聞いた私は ショックのあまり、しゃがみこんでしまったわ。ロミオが死んでしまう。 私のせいで - 。いつの間にかおばあさんはいなくなっていたわ。 私は埃を被ったロミオの庭の机を掃除し 椅子に座って空を眺めていた。しばらく考えた後…