ヒマだから「俺」と昔の出会い喫茶の話でもするか

あれは20代半ば、一介のAFCに過ぎなかった「俺」は純粋に彼女が欲しかった。以前の経歴は割愛するが、それまでの俺の年収は、同年代と比べると、かなり下回っていた。ようやく休日にデートをしたいなと思うほど、生活に余裕ができたので活動を開始することにした。いわゆる「恋活」というやつだ。ちょうど同じく、さる大学…