「月光条例」のオオイミ王について

「月光条例」の最終巻が発売され、あとがきや単行本描き下ろしの最後の部分などを堪能し、大変面白かったなあと思いました。ひとつ引っかかっていたのは、最後までこの作品のラスボスであるオオイミ王とは何であったのかというのが、自分の中で色々とっちらかっていたままであったのです。なので何回か読み直して自分の中…