番外:読書の世界

僕は読書が好きだ。なかでも伊坂幸太郎氏の作品には特に目がない。氏の作品を初めて読んだときに味わったあの独特の”あたたかさ”は今でも鮮明に記憶に焼き付いている。あの言い知れぬ心地よさは今思い出しても身震いがするほどである。 こうして、伊坂氏の作品を通して本が持つ不思議な魔力をその身で味わった僕は、それ以…