~ 歌詞でよむ初音ミク 136 ~ ひらりひら

たった一音が欠けるだけで 胸を急き立てるように駆け抜けていく非常に美しいメロディが、切なさと不思議な爽やかさを残す作品。劇的に芯の強くなったV4Xミクさんの声の良さがよく分かる曲でもあります。曲・詞ともにdakaraさん。