もう一つの日光ー憾満ヶ淵コース

歴史探勝路(干満が淵~寂光の滝コース)神仏分離と廃仏毀釈によって、日光の貴重な文化財がどんどん失われていくことを侵犯した日光の人々は、落合源七と巴快寛が代表になって、明治天皇に直訴して日光の神社・寺院を守ったそうです。