独自トークン発行でホルダーがサービスを盛り上げる仕組みを作る ー Bitcoinショッピングサービス「Avacus」を手がける起業家まつかぶ氏のスタートアップ思想とは

昨年12月末にローンチしたBitcoinショッピングサービス「Avacus」は、独自のトークン「VACUS」を発行し、リリース直後に多くのユーザーを集め注目を集めました。そんなAvacusを運営するのが、仮想通貨起業家のまつかぶ氏です。今回はまつかぶ氏に取材の依頼をし、Avacusの構想について伺ってきました。