ラッセルのルピナス

靴職人の息子であったジョージ・ラッセルが 市民菜園を二つ借りて園芸にいそしみ、地道に数々ルピナスの品種改良を行い、 ロンドン王立園芸協会のひのき舞台に、自分が品種改良したルピナスを初めて出品したのは ようやく70歳代に入ってからであった、という話を読んで、驚きました 英語版のGeorge Russell (horticulturis…