田舎の「タダ」は無料ではない 善意が循環するシステムとは - ライブドアニュース

慶應義塾大学特任准教授が「田舎のタダは、無料ではない」と語った。持て余しているモノを提供し、お互いに資源をうまく循環させるような仕組み。善意が対等であれば、提供し合うモノはできる範囲のモノでいいという