前川喜平氏 文部科学省事務次官から民間人になった現在の生活 - ライブドアニュース

文部科学省事務次官を退官した前川喜平氏が3日の番組で、現状を語った。現在は、自主夜間学校と呼ばれる学校で高齢者に勉強を教えているという。授業はボランティアで、公務員時代より「こっちの方がずっと楽しい」とした