チャイコフスキーの恋愛ソング「ロマンス」ヘ短調

チャイコフスキーの失恋 チャイコフスキー28歳の恋愛事情を振り返ると、 モスクワにきていた歌劇団にいた ソプラノ歌手アルトーに一目ぼれし、 その翌年には 結婚式をあげることまで決まっていました。 しかし、 アルトーはロシア帝国からスペインに移動したことを皮切りに あっさりとチャイコフスキーとの婚約をなかった…