釣った魚(読者)を1ページで帰してはいけない理由

ブログをある程度続けていると、ブログ内の記事でも検索からの流入が多いページとそうでないページとがあります。 検索からのアクセスが多いページは、例えれば店内へお客さんを呼び込むための「客引き」のようなもの。そして、いったん「店」に入ってもらったお客さんに、商品をアピールしてできれば購入につなげるのが、…