【書評】宮部みゆき「泣き童子」-怪異や物の怪を描いても、そこには愚かさや弱さを含んだ人間たちがいる

泣き童子 三島屋変調百物語参之続宮部 みゆき 文藝春秋 2013-06-28売り上げランキング : 839Amazonで詳しく見る by G-Tools やっぱり宮部みゆきは巧いなぁ。「三島屋変調百物語」の3巻目にあたるこの「泣き童子(わらし)」では、特に構成の妙が光っている。全体は6つの物語に分かれているが、最初の「魂取の池」は導入…