【書評】宮下奈都「羊と鋼の森」-ピアノも弾けない平凡な青年が悩みながらも調律師として成長していく姿が感動的

羊と鋼の森 posted with ヨメレバ 宮下 奈都 文藝春秋 2015-09-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 本屋大賞受賞作。豊かでなだらかな丘がずっと続く、そんなイメージの物語だ。自分の無知を恥じるのだが、ピアノの調律や調律師に対して大きな誤解があった。それはいわゆる「チューニング」なのだと思っていた。その作業がかな…