「同人誌は手に入れるものではなく、ライブになった」年間5000サークルと接する同人書店の統括に、目的が体験へと変化する同人誌の今を聞いた

日本最大級の同人イベント「コミックマーケット」。同人誌即売会に行く目的は目当てのサークルの新刊を「手に入れる」ことから、即売会という会場の生のライブ感を味わうことが大きな目的と変わろうとしている。そうしたライブ感に価値を見出す娯楽の変革期、一体何か起こっているのか? COMIC ZIN 金田氏に聞いた。