「機能と構造の分離」をSysMLで考える。

こんばんは!Otepipiです。 本日も機能と同様に設計のための「機能と構造の分離」について考えていきたいと思います。前回の記事は↓です。 otepipi.hatenablog.com 製品の新規開発をする際は、解空間の広い機能設計にまず十分に時間をかけ、それから構造案を比較検討するのが良いと前回の記事で書きました。 「機能」→「構…