ボトル缶が主流になったせいで

缶コーヒーがいつのまにかボトル缶コーヒーに取って代わられました。缶コーヒー自体は今でも見かけますが、持ち運びに際しては蓋ができるというメリットから、ボトル缶コーヒーの方が愛飲されているように見受けられます。