刺青とライム

 現代のMMA最前線のUFCの選手からここ日本の地下格闘技に至るまで入場曲に選ばれるのは、桜庭やシウバや美濃輪のようなトランス・テクノ系統ではなく、気がつけばほとんどがヒップホップになっている。  「ヒップホップ」と「バーリ・トゥード」。これは日本の音楽や格闘技のジャンルから新しいものとしてサブカルチャー…