森見登美彦さん、なんでそんなに面白い小説が書けるのですか? 作家10周年作品『夜行』を語る。

森見登美彦の新作『夜行』は、不気味に謎めいた雰囲気が魅力の連作怪談! 「小説を書くのは楽しいけれども、しんどい作業」と語る森見氏に、その小説執筆術についてお伺いしました。