【安藤美冬 × takumiYANO】『まだ何者でもないあなたが、自分の名前で生きていくには』

「僕は、何者でもない」 ある日から、そう考えるようになりました。 両親との別れは、想像していたよりもずっと早く訪れました。 人は、いずれ死にます。 ... powered by Peatix : More than a ticket.