エーリヒ=ローゼンベルク

もうほとんどメイン級作ってきたので、とうとうもって本編開始させたいです。 「なぜですか、この国はとてつもない精霊差別に包まれている!ワタシはそれに気づいた!さあ、精霊差別の終わりの時が来た!」ひとりの人間の中年が、商店街で演説をしていた、それは精霊差別についてだった。 「きみは……!?」「お久しぶりで…