【アイラヴ祭】烈火のライブ

小雨が嵐に変わり、仮設の雨避けが役にたたなくなってきた頃、中止を予測する警備員とは裏腹に観客はヒートアップし始めた。セレアに連れられた三人のアイドルは文句を言うよりも服を押さえるのに必死になっている。その様子を見て、セレアは口許を綻ばせた。 これが、烈火の『加護』である。精霊は気まぐれで悪戯好きな自…