チェックポイント阻害剤 関連抗体 PD-L1 アベルマブと 光免疫療法

PD-L1というタンパク質は、 胎盤、 膵島細胞、 間葉系幹細胞、 免疫細胞などの 様々なタイプの正常細胞で発現しています。一方、 PD-L1は 多くのガン細胞においては 過剰に発現しています。 ガン細胞における PD-L1の過剰発現は、 T細胞の活性化を抑制することが示されています。 つまり、 ガン細胞はPD-L1があると 免疫系…