父が亡くなり、通夜、葬儀を終えて、東京に向かう夜行バスで書いたこと。

あっという間だった。深夜、病院に駆けつけて、黄色く、冷たくなった父を見てから、この数日。人は死んでから、こんな手順で、こんな作法で、あっという間に骨になってしまうんだということ。 気持ちは、やっぱり、そんなには・・動かない。感謝しなきゃ、ここまで育ててくれた。でも、それは、心からは思っていないのかも…