ScalaのFutureに渡す ExecutionContext の挙動がわかりにくいので図解する

Scalaには、非同期実行をサポートするために Future というクラスがあります。 正確にはJavaにも同名の仕組みがあるのですが、それをちょっと便利にした感じのものです。 Futureの仕組みを簡単に言うと、関数を渡すと別のThreadでその関数を実行してくれるものです。 それだけだと、Threadクラスとあまり…