もうひとつの赤羽徘徊記……仏の異様な姿と昔ながらの喫茶店がぼくらに伝えようとしていることとは

赤羽といえば朝から飲める酒飲みの聖地、駅西側のスリバチ地形というイメージがありますが、駅東側にある荒川も赤羽という街を語るうえで重要です。大きな川沿いの低地ということもあり、地域の住民は荒川の氾濫に悩まされ続けてきました。水害をどう克服してきたのかを学べる荒川知水資料館アモアをはじめ、災害を防ぎた…