ソサエティサイエンスジャーナル

大阪地検が立件した国循官製談合事件は結審し、3月の判決を待つばかりとなっています。その裁判で被告の身に立たされている桑田成規さんはずっと無実を叫んでおり、またこの裁判の中で検察の立証があまりにもお粗末なため、多くの新聞・テレビ・週刊誌など大手マスコミも注目を集めています。 ソサエティサイエンスジャ…