美しいと思う小説の一行目・美しい日本語のおすすめ小説

有名なところだと「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」でしょうか。 小説は竜頭蛇尾ともいいます。 始まりが良ければ読んで貰える! ノーベル賞作家である川端康成の美しい出だし。 トンネルがまるで異世界へのトンネルのような雰囲気を醸し出す、美しい文章。 夏目漱石の「吾輩は猫である」が笑いを生む一行目だと…