あの日見た謎の答えを僕達はまだ知らない。

あの日見た謎の答えを僕達はまだ知らない。記憶喪失を乗り越える、とても単純でありふれたお話。それは別世界線の東京大学のお話。そこでは、2つの謎解き制作団体が競合していた。しかし、大学側から告げられる事実。「どちらか1つだけの団体を残そう。この大学に2つも謎解き制作団体は要らない。」だから、駒場祭の集客数…