作品世界への圧倒的な没入感! 弐瓶勉原作劇場アニメ『BLAME!』が傑作となった理由

映画は、四角いフレームに映されたイメージの連続である。物理的には、縦横ほんの数メートルのサイズのイメージを投射しているに過ぎない。 しかし、その映像の向こう側に広大な世界が広がっている。少なくともそのことを観客に信じ込ませなければならない。数メートル四方のスクリーンに映るイメージで、観客を別の世界…