摂関政治の衰退と院政開始

藤原頼通は1017年に道長から摂政の地位を譲られ、その道長の死後は朝政の第一人者として時代を築き上げた人物です。後一条・後朱雀・後冷泉天皇と3代の天皇の摂政・関白として50年以上務めあげ、藤原全盛期を生きたと言えるでしょう。 そんな状況の藤原氏でしたが、頼通は娘を天皇の元に入内させたものの皇子に恵ま…